あらすじ 初めての“それ”は好きとか一緒にいたいとかじゃなく…突然わき上がるしたたかな感情からだった―― 高校受験のために勉強に励む冴は、学年で2位を誇り、クラスの中で近寄りがたいと浮いた存在。
ある日、クラスの女子に掃除当番を押しつけられた冴は、学年トップの土屋くんと教室で二人きりに。
受験のストレス、クラスで浮いた存在、姉へのコンプレックス、様々な鬱屈が絡み合い、好きでもない、ただそこにいただけの土屋くんにキスをしてしまう。二人は、その後、学校や家の人に隠れて逢瀬を重ね、危険な遊びへ身を投じていく。
そんな二人に切なすぎる結末が待ち受ける。
試し読み
藤峰やまと この度初めて小説をコミカライズさせて頂きました!
受験間際、思春期ならではのストレスや悩みから逃げるように絡み合う
ちょっぴりエッチ(笑)なお話です。
2人の甘くて苦い思春期をぜひお楽しみください!